こんにちは。早速ですが前回からの続きです。

「叩く」の次に起こることは・・・?

3.外に意識が向くと他の人の音を聞くことができるようになる

一通り自分の気の済むまで叩く・・・つまり、自分自身が満足すると、周囲のことも気にかけることができるようになります。

他の人のリズムを真似してみるところからです。

他の人のリズムを真似するには「ちゃんと他の人のリズムを聞く」ということと「それと同じことを自分でも行う」という2つの課題をクリアしなければなりません。

みんなで揃って同じリズムを叩く。

ここで、バラバラだった子どもたちにつながりが生まれます。

思い思いに叩いていた個人が、隣の人の音を聞く。自分も同じように叩こうとする。

「あわせる」です。

そして、あわせるというのは同じリズムでそろえるだけではなく、他の人のリズムの隙間にうまく自分のリズムを入れていく・・・という方法もあります。

同じリズムを叩くよりも高度な「あわせる」になります。

そうすることによって、単調なリズムからより複雑で豊かなリズムが生まれていくのです。
自分1人で好きなように叩くより、他の人とあわせた方がより楽しい!他の人と一緒にやった方がすごいものが作れる!

「あわせる」では、協力するとはどういうことか。協力した結果、どんなことが生まれるのかを体感してもらうことが狙いです。

 

4.ファシリテーター(あそビーター)は徹底して脇役

ところで、あそビートのプログラムは子どもが「主軸」となりますが、プログラムを進める上で必ずその場に寄り添っているファシリテーター(あそビーター)がいます。
あそビーターは場をリードする役ではありません。

どんな風に叩きたいか、どんなリズムを作りたいか、どのような演奏を創り上げていきたいのか・・・などすべて「子どもたち」に考えさせます。

しかし、最初からいきなり「はい、自由にどうぞ」は乱暴です(笑)

とはいえ「こうしてください」もありません。

大切なのは子どもたちの「こうしたい」を上手く引き出していくこと。

誘導するのではなく、引き出していくこと。
あそビーターは、子どもたちから目立つ位置にいながら、実は完全なる黒子です。

あそビートはその場で起こるすべてを子どもたちの学びへと変えるプログラムです。

みんなでリズムをあわせ、アンサンブルを作りあげていく中で葛藤や軋轢も生まれ、時には多数決からの同調圧力などが起こることがあります。私たちはそれら含めて「経験」と捉え、子どもたちの中に生まれた事象をあそビーターが無理に収めることはしません。

子どもたちで「どうすべきか」を決めて欲しいからです。

あそビーターが止める時。それは命の危険があるときくらいです(笑)

あそビーターが子どもたちの「やりたい」を引き出し、やりたいことを実現するための方法論を伝えていく中で、叩く→あわせると深化していきます。協力する楽しさを知った子ども達は次にどうなっていくのでしょうか?

(つづく)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

あそビートを体験してみませんか?

小学生向け:11月23日(祝)Gifte! 親子で体験申込みはコチラ

赤ちゃん向け:11月21日(火)京急百貨店 COTONOWA申込みはこちら



こんにちは。あそビート 中の人1号 ばばたまです。

9月19日(火)に京急百貨店が提供する新しい遊び場×学び場×集い場
COTONOWA にて「バンビーノ」初開催しました!

昨日は初回ということもあり、参加人数は少なめでした。
が、少くても楽しい。少ないからこその「じっくりたっぷり」濃密な時間
を過ごすことができました♪

1.あそビート・バンビーノの楽器について

あそビートは、ドラムサークル&トレーニングビート®から生まれたプログラム
なので打楽器(太鼓)を使います。
でも、バンビーノは参加するのが赤ちゃん&お母さん中心なので太鼓は使いません。
音も大きさも、ちょっと大きすぎるので ^^;

赤ちゃんとお母さんが扱いやすく、コミュニケーションをとりやすいものを厳選
して使用しています。

材質が安全なことはもちろん、カラフルでいろんな形。

赤ちゃんの五感を刺激します。

あっ、ウクレレとピアニカはあそビーター(ファシリテーター)のカズが使います。
いきなり「弾いてください」とは言わないのでご安心を(笑)

2.バンビーノの狙い

乳児期の赤ちゃんは、「他の子どもたち」とのコミュニケーションよりもまずは
お母さんとの絆をしっかりと育みたい時期ですよね。

無理にみんなで交流するようなことはしません!お母さんから離れられなくて
ピッタリ寄り添っているお子さんは、そのままで一緒に楽しんでもらえたら
それでいいと思っています。
(もちろん、積極的に踊ったり、歌ったりも大歓迎)

バンビーノでは、「お母さんと一緒に楽しむ」ことが第一の目的です。
そして「お母さんにも楽しんでもらう」ことも大切にしています。

とはいえ・・・同じ場所でみんなで音とリズム遊びをしていると・・・

なんとなーく、一体感、つながりみたいなものが生まれてきます^^

これが、音楽とリズムの魅力ですよね。

写真は「ミュージックフープ」という楽器をつなげて大きな輪を
作り、みんなでリズム遊びをしているところです。

最初は、自分とお母さん以外の存在がいる「知らない場所」「新しい場所」
におっかなびっくりだった子どもたちも

楽しく元気にパラシュート遊び!
50分はあっという間に過ぎていきます。

「もうちょっと遊びたかったねー」というところでプログラムは終了。
(子どもたちの集中力がほどよく続くあたりで終わります♪)

プログラムの最後は、お母さんたちも音で癒される「トーンチャイム」を
使ってみんなで「キラキラ星」の演奏。

即興でダンスを披露してくれる女の子も。

 

SUZUKI スズキ トーンチャイム 10音 音あそび向けセット HB-100

トーンチャイム(ハンドベル)は、透明感のある優しい音が出ます。

普段はあまり目にしない楽器を前に、参加したお母さんからいろいろな
質問も寄せられました。

「次回も参加します!」
「友達にも紹介したい!」
という嬉しいお声もいただきました。

本当に、ありがとうございます。

京急「上大岡駅」直結 京急百貨店COTONOWA にて、あそビート・バンビーノは
11月、来年1月にも開催いたします。
ぜひ、お近くの方は遊びにいらしてくださいね。
詳細やお申し込みはこちらから

11月もまた、みなさんと楽しい時間を過ごせるようにカズ&ばばたま、頑張ります!

 

*あそビートのサイトはこちら

 



こんにちは。あそビートのばばたまです。

突然ですが『育児書』って読みますか?私は、産後、赤ちゃんについて知識がなさ過ぎたため、いろいろ買って読み漁りました。(発達心理学は学んでいたものの、生後0か月→1カ月→2か月・・・なんて短いスパンでの成長についてどうなのかなんて全くわかっていませんでしたから・・・)

岩波書店から出ている、有名な松田道雄先生の『定本 育児の百科(全3冊)』も読みましたし、重くて厚いことで有名な『シアーズ博士のベビーブック』も読みました。

はい、わりと形から入るタイプです(笑)

子どもがいる家庭では加入率が結構高いパ○システムにも入っていたのですが(当時)、またこのパ○システムのチラシがものすごい量で。図書なんかも毎週いろんなラインナップがあって、育児書もいろいろ薦めてくる。

お母さんための○○ とか 男の子をもつお母さんへ○○ とか ○○お母さんのための×× とか・・・ありとあらゆる角度からせめてくるんですよね。

それだけ読み漁った私はどうしたかというと・・・

育児書は捨てた。

はい。もう、結局、子どもをどう育てたいかは親が決めるしかないんだなと思ったので。
いろんな育児論があって、いろんな先行研究もあって、いろんな事例があって、いろんな育児法があるなということはよくわかりました。でも、どれもそこに出てくる子どもは「私の息子ではない」ということ。

そして、何より育てているのが「私自身だ」ということ。

選択肢を豊かにするという意味で、育児書を読むことは無駄じゃない。諸先輩方のアドバイスや体験談を聞くことは無駄じゃない。でも、最終的に決めるのは私だ、と気づきました。

加えて、息子は7カ月から保育園に通いはじめたのですが、そうなると保育園が心のよりどころ。先生たちには本当に母子ともに支えてもらい、助けてもらいました。子どもを間に挟んで、いろいろ話していくことが一番の方法だなと感じました。

そんな私ですが、一つ心に残して支えにしているある育児書の教えはこんなことです。

親の子育てが理論的に正しいか間違っているかは、実はそれほど問題ではない。
親が子育てに自信を持っているか、あるいは過度の不安を抱いているかの違いが、子どもの人格に影響をあたえる。

人に自慢できるような子育ては何一つしていませんし、実際、小学校入学後1年の間にいろんなことがあったので情けなくって泣いたこともしばしば。でも、私は私の信念に基づきその時のベストは尽くしている・・・ということだけは言い切れます(笑)
どんなお母さんだって、「子どものため」と一生懸命。だから、そんなに間違うことなんて、ないんですよね。自信もって自分にあった情報の取捨選択しちゃいましょ~

*あそビートのサイトはこちら