本日より、新学期。入学式。というところも多いのではないでしょうか。
わが息子の通う小学校も今日から新学期。クラス替えと担任替えでドキドキです。ええ、どんな先生が担任になるかでその1年の明暗が分かれます。

主に・・・私の。

1.学校社会の洗礼を浴びた親子

うちの息子は超がつくマイペース、そして自由人です。さらにお調子者です。
そんな彼をのびのびと温かく育んでくれた保育園から一転、学校社会へ。
担任の先生は秩序を重んじる真面目なタイプ。入学して1カ月たつかたたないかのうちに、まず第一回目の呼び出し。

『保育園の時の様子や、ご家庭での様子をぜひ詳しく伺いたいと・・・』

ひぃぃぃぃぃぃ。

先生の指示に従わない。
落ち着きがない。
自分のペースで行動することが目立つ。
自分の考えを言いすぎる・・・?等が主なご指摘事項でした。

とにかく学校に目をつけられたくなかったという気持ちもあり「すみません。よく言い聞かせます。」と平謝りしていた1学期。その後、夏休みを経て2学期・・・息子の様子、他のお友達のお母さんを通じて入ってくる情報を組み合わせていくと、私の心の中にちょっとした違和感と、ちょっとしたモヤモヤ感が立ち込めるようになってきました。

2学期も半分過ぎたある日、息子が2週連続で洗濯する給食当番衣を持ち帰ってきました。通常、給食当番は1週間交代なので2週間連続で持ち帰ることはないのです。連絡帳には先生の字でこう説明が書いてありました。

←コレです。懐かしいですよね。

『前の週の給食当番の時、配膳の仕事はやったものの、食べ終わった後の片づけをやらず掃除に行ってしまっていたことが他の子ども達の話からわかり、今週も給食当番をやってもらいました。』

・・・つまり、後片付けをさぼったので、給食当番をやり直しになったということのようです。

これは私もほっておけないと思い、なんでそんなことをしたのかと息子に事情聴取しました。そうしたら、ちょっと予想外の回答が戻ってきたのです。

「だってさ、配膳の時は仕事があるけど、後片付けはあんまりないから、俺、やることなくなっちゃうんだ。だったら掃除に行った方がいいと思って、掃除に行ったんだ。」

そこで、私は思い切って、担任の先生にそのことを説明しました。
後片付けをみんなと一緒にやらなかったのは悪かったかもしれません。でも、彼は単にさぼったわけではないということを、伝えたかったのです。親バカなので庇いたかったのです(笑)

担任の先生の回答はこうでした。

「なるほど。そういう事情があったのですね。・・・でも、給食当番を割り当てられている以上、みんながやっているときは同じことをやらないと・・・。」

2.学校社会の掟「みんなで一緒に」

私の中の違和感の正体がなんとなく見えてきました。

「みんながやっているのだから、あなたも同じようにやらないと。」

この考え方が私の胸の中をかき乱すのです!!

例えばこれが会社だったなら、どうでしょうか?
プロジェクトメンバーに仕事が振り分けられた。ただ、ある業務にアサインされた人が多すぎて自分はやることがない。じゃあ、まぁ、いいや・・・となんとなく仕事をしている風にしてやりすごすより、「手が空いています」と言って自分のやれることを見つけて動く人の方が評価されるはず。

でも、学校だと違うのです。きっと、無駄にお盆やお皿をわけて持っていったり、1人で持てるものを2人で持って行ったりして「給食当番としての仕事」をみんなで一緒にやることが評価されるのでしょう。これを会社でやると「1人で出来る仕事を無駄に大人数でダラダラやりやがって」ということになるのに。

会社では「生産性」「効率性」が叫ばれているというのに。(ま、これはこれでね。効率効率ってうるせえなって時もありますけど)

学校で是とされることと、社会に出てから求められることにはズレがある。

そう思ったら新社会人が「自分の頭で考えられない」とか「指示待ちで自分から動けない」とか批判されるのが可哀そうになりました。だって、学校社会で評価されるのは「自ら動く」よりも「指示に従う」ことなのですから。

もちろん、学校には学校の掟があるでしょう。
団体行動の中で我慢することを覚えなければいけないことも大切だと思います。

が、私は思いました。学校社会の中で評価されることが息子の幸せではない、と。

むしろ、学校社会の中では多少はみ出したり、注意される回数が多くなったとしてもその先の「社会」で生きるための知恵もしっかり教えていかないといけない、と。

ということで、私が息子に伝えたのは「今回の件であなたがよくなかったところは、一緒に給食当番をやっているお友達に『他に俺がやる仕事はないか?』と確認をしなかったこと。自分だけの判断で勝手に掃除に行ってしまったこと。ここだよ。きちんとお友達や先生に確認をして、それで俺は掃除に行きますと伝えればこんなことにはならかったのよ。仕事っていうのはそうやって進めるんだよ。」ということでした。

彼に足りなかったもの。それは「コミュニケーション」だったと思うのです。

*あそビートのサイトに戻る

 



今年のお花見は平日がピークだというニュースが流れた今日。
桜満開の代々木公園で、ついに「あそビート・バンビーノ」プログラムデビューとなりました!

感無量です。

・・・って、これからが勝負なんですけどね。(^^;

渋谷区の「走り回れる保育所・託児所」ミライLaboさんの設立記念日のイベントに参加してきました。
こちらの保育所は、脳科学や臨床心理学などを取り入れた保育を行っていて、子どもの可能性を広げるためのお稽古事などにも積極的に取り組んでいます。

*ミライLaboさんのWebサイトはこちら

代表の白井さんとお会いさせていただいたのは今年の2月。
カズさんと一緒に訪問したのですが・・・
その日、一足先に渋谷についた私と、ギリギリになりそうだというカズさん。

「それじゃあ、私が先にいってますね!カズさんはゆっくりきてください。お天気も悪いし。」と言っておきながら、場所がわからずうろうろとミライLaboさんの周辺を彷徨い・・・白井さんにSOSの電話を掛けたら「あっ、カズさん、先にいらしてますよ。」と言われた衝撃の出会いから2か月(お前が方向音痴なだけだろうと言われたらそれまでですが)こうやって、プログラムを実施させてもらえるご縁に感謝です♪

お会いした際、あそビートの主旨にとっても興味を示していただいたのですが、実は、その当時ご紹介したプロトタイプの「あそビート」は対象年齢4歳以上のミライLaboさんを利用するお子さんより高い設定のものでした。

「このプログラムで、もう少し小さい子向けの軽いプログラムもあるといいですよね。あそビート・バンビーノとか(笑)」という白井さんの一言。そして、そのネーミングをそのままいただいた我々(笑)

今日がプログラムデビューの日ではありますが、あそビートは日々進化させ、よりよいものにしていきたいと思っています!

こちら、ミュージックフープという連結できる長ーいシェイカーのような楽器です。
やわらかい素材で出来ているので小さなお子さんでも危なくないし、こうやって輪にしてみんなでぐるぐる回していくことで、簡単に一体感を感じることができます。

取り外して小さい輪にして遊ぶこともできます。

パラバルーンを使って遊んだり・・・

ばぁーっ!!いた!!(笑)

サウンドシェイプという打楽器を使ってみんなでリズム遊び。

満開の桜の下で、思う存分みんなで音楽とリズム遊びを楽しみました。

あそビートは、音楽を学ぶプログラムではありません。
例えば、上手に太鼓を叩けるようになるとか、シェイカーをめちゃくちゃ上手に振れるようになるとか、絶対音感を身に付ける・・・などが目的ではありません。

あくまで、音楽とリズムを仲介にして、親子のコミュニケーションを促進したり、子ども自身の好奇心を満たしたり、成功体験を感じたり、お友達と協働作業をしたり・・・様々な体験を通じてコミュニケーションスキルを磨き、自己肯定感を高め、チームワークの大切さを感じてもらうためのプログラムです。

また、「あそビート・バンビーノ」は、赤ちゃんとどう接していいのかわからない。どうやってコミュニケーションをとったらいいのかわからない。そんな悩みをお持ちの(主に)お母さんが、自然と赤ちゃんとアイコンタクトを取り、触れ合って、良好な絆を作っていくための親子一緒に楽しむプログラムとなっています。

使用する楽器も細心の注意を払って、安全なものを選定しています。
いろいろこだわり満載の「あそビート」

これからどうぞよろしくお願い致します。

そして、ミライLaboの代表である白井様、スタッフの皆様。設立1周年おめでとうございます。
これからも、働くお母さんたちのパートナーとして頼もしい存在でいてください!



昨日は4月3日。各地で入社式もあり、真新しいスーツに身を包んだ若者があちこちにあふれていますね。初々しい若者を見ながら、霞が関を歩いてきました。(特許庁に用事があったので)

そして、今日はあそビートの本家プログラム、トレーニングビートの実施お手伝いで、とある企業様の新入社員研修のお手伝いに行ってきました。
約200名が一斉にドラムを打ちならす様子は・・・圧巻です。

入場前の様子を少しだけ↑

そして、さまざまなアクティビティを通じて1人1人の「らしさ」が垣間見えてきます。

集団で何かをするとき、必ず「目立つ人」というのが出てきます。
ともすれば、大人数で実施する研修はその人ばかりにスポットライトが当たりがちです。
でも、トレーニングビートはわずかな時間でもありますが「各人」にスポットライトが当たる瞬間があります。
どんなに大人数でも1人1人が活躍しなければ達成できないミッションが与えられるのです。

本当に「全員参加型」の研修であるとあらためて感じました。
200人も一緒に研修すると、ともすれば人の後ろに隠れて手を抜きがちになることもあります。
また、そうしていてもばれないことが多々あります。

が、トレーニングビートはそれを許しません!
文字通り「誰か一人が手を抜けば、それがばれる」アクティビティがあるのです。
どんな風にするのか、興味を持たれた方はぜひお問い合わせください(笑)

あそビートは年齢層も低く、子ども向けのプログラムなので企業研修とはまた違った趣にはなりますが、全員参加型であり、1人1人が主役のプログラムなことは間違いありません。
(あそビート・バンビーノは大人と子どものプログラムですが)

楽しくチームビルディング。

これは、大人向けでも子ども向けでも変わらないモットーだなぁと感じた1日でした。

*あそビートのサイトへ戻る

 



ようやく晴れた日曜日。今日はお花見も楽しめそうですね。
洗濯モノも乾きそうです♪←とても大事。

1.勉強は大切

あそビートでは「子ども達は遊びの中から生きる力を学んでいく」ということをモットーにしています。
これは勉強しなくていいという意味ではありません(笑)
新しい知識をどんどん取り入れること、それはやはり「勉強」をしていくしかありません。
森高千里も歌ってましたが、「勉強はできるうちにしておいた方がいいわ」なのです。(古い?)

ただ、同時に習得した知識を正しく使うには経験が必要不可欠です。

これは、あそビートの本家?出発点?になっているトレーニングビートを通して思ったことなのですが、社会人のみなさんはビジネススキルをたくさん学んでおられます。特に、企業研修を積極的に導入しようという会社の方々はビジネス書もいろいろ読んでいるし、様々なセミナーや研修を受けているのでいろんな知識を持っています。

が、なぜか現場でそれが生かされない。
ゆえに、同じようなトラブルが起こる。チームのモチベーションもあがらない。生産性があがるわけもなく、会社全体の業績もあがらない・・・という結果に。

こんなに頭もよく、いろんなことを知っている人たちなのになぜ?!

ということは、現場あるあるじゃないでしょうか?

2.知識に経験が加わると、初めて自分の「もの」になる

ビジネスの現場でTOC(制約理論)という有名な考え方があります。

これは、エリヤフ・M・ゴールドラット博士が提唱したもので、有名なビジネス本「ザ・ゴール」を読んで知っているビジネスマンは多いです。
そう「知識」として知っている人は多いです。
私もその一人でした。知ってはいるけど、それが自分の業務や組織(チーム)にどう結び付くのか?それを知ったからといって何をしたらいいのか?まったくイメージがわきませんでした。
でも、トレーニングビートであるアクテビティを「経験」してから・・・具体的なイメージがつかめるようになったのです。まさに「知識」と「経験」は両輪であると感じた瞬間でした。

ツィッターで話題になったので、ご存じの方も多いと思いますが、知識と経験の違いについて図式化されたものが以下の図です。

出典は漫画家のヒュー・マクラウド(Hugh MacLeod)氏ツィッター

この図では日本語に直訳すると「情報」と「知識」の違いとなりますが、知識それ単体では単なる「情報」にしかすぎず、それを体系化して有効に活用しようとするには情報と情報を結びつけるものが必要であり、それが「経験」である・・・そうなって初めて「知識」として自分の中に落とし込まれる・・・・というような見方をするのとわかりやすいと思います。

子どもにとって「遊び」とは、この「つながり」をたくさん増やしたり強化したりする役割がある「経験」「体験」の場であると考えています。
学校や塾で「情報=自分に落とし込まれていない知識」はたくさん得る機会があります。子ども達は学びの機会はあるのです。でも、それを統合して実際に活用する機会が少ないのではないのでしょうか。

あそビートは、子どもたちが持っている情報(知識)を経験によって自分の中に落とし込み「智恵」とするお手伝いをするプログラムを目指しています。

*あそビートのサイトへ戻る



4月1日ですが、今日は土曜日。
新生活が始まる前の一息つける週末。
今年も4分の1が終わった・・・というとちょっと焦りますが、まだまだ残り4分の3
冬が嫌いな私にとってはこれから本番です!(笑)

昨日は、あそビートのプログラムの中でも一番目のプログラム「バンビーノ」について少し書きました。
あそビートは、3つのコースで構成されています。
が、そもそもこの子ども向けプログラム「あそビート」を立ち上げる際、プログラムをどのように作っていくのか?
それを模索するところから始まりました。

1.100人を超えるアンケートが教えてくれたこと

自分たちだけで考えていても限界があり、100人以上の方にアンケート協力をしていただきました。

ご協力をいただいたみなさまには改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

とても面倒なアンケートだったにも関わらず、子どもへの悩み、関わり方、育児観・・・とても丁寧に熱心に回答をいただき、誰もがみな子どもに対する深い愛情を持っていることを改めて認識しました。
そして、また、みなさんいろいろな思いを抱き、日々試行錯誤しながら子育てに奮闘されていることも強く感じました。そう!!子育てには正解がない。そして、親になるための事前学習なんて・・・ほとんどしないでみんな親になりますよね。(産院で母親学級、父親学級などがあるくらいだし、あれってほとんど新生児のお世話を教えてくれる感じのものだった気が・・・記憶が曖昧)

そして、いざ子育てが始まってみたら・・・日々「これでいいのか?」と悩むことが次から次へとわいてきます。
しかも、それは子どもの成長とともに目まぐるしく変っていきます。

そしてその悩みも多岐に渡ります。
発達や健康に関する悩み。
子どもの性格に関する悩み。
親子関係に関する悩み。
子どもを取り巻く環境に関する悩み。
子どもを取り巻く人間関係に関する悩み。
学習面の悩み。
進路の悩み。
そして・・・子ども側だけでなく、親自身に問題があるのかもしれないという悩み。

あそビートを通じて、一体どの悩みにフォーカスするのか?
メンバー間で何度も話し合いをしました。

自分たちのやってきたこと、出来ることで、親子が抱えている問題・悩みをどう解決していくのか?
どんなことを解決したら、子育てが楽しくなり、また子ども達が健やかに成長していくのか?

2.私たちには何ができるのか?

私たちのプログラムのもとになっているのは、企業向けチームビルディング「トレーニングビート」
そして、そのトレーニングビートのもとになっているのは「ドラムサークル」
カズさんとKENさんがドラムサークルファシリテーターとして過去10数年に渡って取り組んできた、真似をすることが難しい「経験値」

出てきたのキーワードは「チームビルディング」でした。

人が初めて出会うチーム。それは、親子。
しっかりとした親子関係を築くことで、子どもは自分と向き合うこともできるようになる。
そして、自分に対する自信(自己肯定感)を高め、家族以外の人間関係を作り自分の世界を広げていくことができる。新しい関係(いわば、チーム)を自分で作り上げていくことができる。

私たちのプログラムは、そこをサポートしていくものでありたい。
そう方向性が決まりました。

年齢や発達段階に応じて、出来ることは異なります。
そして、悩みも様々です。
そのため、あそビートのプログラムは子どもたちの発達段階と年齢にあわせた発達課題にそったプログラム3つにわけることになりました。

発達のスピードは言う間でもなく個人差がありますので、おおよその目安、と考えていただきたいです。

あそビートのサイトへ戻る

 

 

 

 



今日は3月31日。明日から4月ですね。
週明けからは、お子さんを保育園に預け職場復帰されるお母さん
もたくさんいらっしゃると思います。
わが子と離れる不安。
仕事と子育ての両立への不安。

それと同時に、「少しだけほっとした気持ち」もあるのではないでしょうか?

え?ない?ほんとに?

なぜ、私がそんなことを聞くかというと・・・私は職場復帰が待ち遠しかったからです・・・(本音)

1.赤ちゃんはかわいいだけではない

私が出産したのは9月。季節は秋から冬に向かい、ちょうど母乳の免疫が切れると言われている生後6カ月前後が冬でした。感染症が流行る季節なので、外出もままならず(夫は超心配症)毎日朝から晩まで母子2人で家に閉じこもりっきり。

たそがれ泣きだの、夜泣きだの、とにかく日々言葉の通じない赤ん坊と2人きり。母乳とオムツ換え、抱っこであやして朝から晩まで同じことの繰り返し。人と会うこともなく、来る日も来る日も赤子と2人。
今思えば、軽く育児ノイローゼだったかもしれません。

生まれる前、私が周囲の人から言われたことと言えば

「赤ちゃんはかわいいよ~」
「赤ちゃんって本当にいいよ。」
「子育てを楽しんで~」

そんな言葉ばかり。実際、赤ちゃんのうちはお世話も楽なのかなって思っていました。が。

現実は甘くない。

24時間、こちらの疲れや眠気などお構いなしに泣き叫ぶ。
言葉も通じない。暑いのか?寒いのか?お腹がすいたのか?オムツなのか?
あらゆる手段を尽くしても泣き止まないこともある。

赤ちゃんがこんなに大変だって、誰も教えてくれなかった(恨)

2.追い詰められて・・・

口をそろえてみな「かわいいよ~」ばかり。
かわいいなんて思えない自分がおかしいのかと思ったこともありました。

その日も、朝からむずかる息子をバウンサーであやしながら、あらゆる手を尽くしきった私。
これ以上、どうしろと・・・

泣き止まない息子を見つめながら、追い詰められた私が取った行動。

息子のガラガラ(ラトル)をむんず、と、手に取り・・・

蒲田行進曲を歌いながら踊る36歳(当時)

↑危ない・・・

きょとんとして私を見る息子。
そして、不思議とすっきりして思わず笑ってしまった自分。

赤ちゃんと2人きりの密室育児に笑いと爽快感をもたらしてくれたもの。
それは音楽とリズムでした。

あそビートには、年齢別にあわせたプログラムを準備しています。
その一番最初のプログラムが「あそビート・バンビーノ」

簡単な手遊びだったり、家の中にあるものを使ったり、誰もが手軽に室内でも楽みながら、お母さんも赤ちゃんも、お互い楽しい気持ちでコミュニケーションを取るヒントとなる・・・そんなプログラムです。

同時に、かつて息子と2人、家の中で「どうやってこの子と今日1日過ごしたらいいのか・・・」と途方にくれていた過去の私にむけたプログラムでもあるのです。

 

*あそビートのサイトへ戻る

 

 



kaz_001

はじめまして。
『あそビート』の企画・営業・現場もろもろ担当 ばばたまです。

初ブログ、ということで一番お伝えしたいことから書こうと思います。
なぜ、これを始めようと思ったか。

1.トレーニングビート®との出会い

トレーニングビートというのは、合同会社ビートオブサクセスがすでに6年以上前から企業に向けて販売している「音楽とリズムを使ったチームビルディング研修」です。
会社をやめて、産業カウンセラーの資格を活かしながら何か仕事をしようと思っていた私は、ご縁があってこちらのお仕事を手伝うことになりました。

この研修が・・・面白いのです!

ビジネス本を読んで消化不良だったこと、過去に受けたビジネスセミナーで頭ではわかっていたことが、自分の中に「腹落ち」する。
あたかも、ヘレン・ケラーが水という言葉と、水という物質が自分の中でしっかり結びつき ”WATER!!” と叫んだ瞬間の時のように。

私がお手伝いさせていただくようになり、企業で実施されるこのトレーニングビートにも何回もサポートという形で同行しました。
何十人、何百人という方の受講後アンケートを集計させていただきました。
この研修を受けて「意味がなかった」という人は実に・・・1%に満たないと思います。

誰もが笑顔になり、チームとの一体感を感じ、「協働すること」の楽しさを感じて帰られるのです。

また、この研修はたくさんの「打楽器」を使います。

ジャンベ、コンガ、カホン、スルド、タンタン・・・いろんな国の太鼓。
そして、シェイカー、ギロ、鈴、オーシャンドラム、チャイム・・・・あらゆる楽器が目の前にあり、それを叩いたり、鳴らしたりするのです。
気軽に手に取って、とりあえず叩いてみる。それだけで十分演奏可能です。

これが、ご自身とメンバーの創造性(クリエイティビティ)をとても刺激し、感情の発散を促したり、さらにはこの場で感じた一人一人の「気づき」が日常生活のやる気アップにもつながっていくことがわかりました。

これは・・・

大人だけにやらせておくのはもったいないのでは?

と、気づいてしまったのです。

むしろ、子どもたちの経験や可能性を大きく広げていくためにもっともっと活用していくべきなのでは!?と。

2.遊び場を失った子どもたち

時代が変わり、子ども達(特に都市部では)には自由に遊べる場がほとんどありません。防犯面からという理由も大きいですが、公園でも禁止事項が多くザリガニ一匹釣るにも制約がある今日この頃です。
ボール遊びが禁止されたり、ちょっと騒げば近所から苦情が出る。

怪我をさせない、怪我をしない、ということや、親同志のつながりが希薄になった分、子ども同志の喧嘩にも親が気を遣う・・・そんな時代になりました。

もっと自由にのびのびと、好きにやる時間があっていい。

そんな風に思ったのです。
その経験は、大人になって社会を生き抜くときに必ず糧になる。

日本の未来を担う、今の子どもたちが強く逞しく生き抜くための力をつけて欲しい。

そして、その思いは私一人だけではなかった。

私以上に、熱い思いでもう10年以上活動しているドラムサークルファシリテーターのカズさん、ケンさんも同様だったのです。

そんな暑苦しい・・・熱いメンバーが集まって始める。
それが『あそビート』

 

 

*あそビートの出発点である、企業向け研修プログラムトレーニングビート®
を詳しく知りたい方はこちらをクリック!(合同会社ビートオブサクセスWebサイト)

あそビートのサイトに戻る