全国一千万人のワーキングマザーの皆さん、こんにちは。(結局この入り方しかないのか)
あと少し、あと少しでゴールデンウィークですよ。
頑張りましょう。でも、すでにもう、発熱→保育園から呼び出しコール→お迎えの洗礼を浴びてクタクタの方もいるかもしれませんね・・・

職場に復帰して仕事が始まると、頑張りすぎるお母さんが多くなると思います。

「仕事も!育児も!」

特に、復帰してすぐは仕事の勘も鈍りがち。私なんて、復帰3日目。とった外線電話に向かって「お名前を頂戴できますか?」と聞くべきところを「何様ですか?」と聞いてしまった大馬鹿野郎です。(その時点ですでにサラリーマン10年以上やってましたが、何か)
育児脳と仕事脳って、別のところ使いますよね。あ、使わない?
とにかく、ここまで酷くなくても(笑)ペースを取り戻す、リズムを作る、周囲からの信頼を取り付けるのに、なんだかんだと気苦労が多い復帰してから1カ月。
お疲れ様です。

何かもしっかりやるなんて無理な話です。
協力者がいればありがたいけど、夫がイクメンでなかったり、実家が遠方だったり、隣近所に知りあいがいない人だってたくさんいるはず。
かくいう私は、義理の母と「スープの冷めない距離の近所」でしたが、いかんせん生粋の専業主婦。子どもが生まれて働くなんて・・・という思想をお持ちの方。ゆえに、頼り過ぎるのも気がひける。という状況。あれこれと言われたこともありました。(遠い目)

時短を使っても、「必ず時間通りにあがれる」とは限らない。
こっちは、終わりが決まってるからそこから逆算して仕事を進めてても、相手がそうとは限りませんから・・・(残業できる幸せってあるんだなと、その時気づきました。)

そんなバタバタの中で、仕事も育児も両立してきちんと自分の満足いくとおりにやろうなんて思うことは土台無理なこと。私がそんな中で、絶対に育児面でこれは譲らないと決めたものがたった1つだけありました。それは・・・

夜8:30には息子を布団に叩き込む。(「寝かしつける」でしょ)

これを達成するために、ありとあらゆることは簡略化。食育?お風呂?習いごと?掃除?

オールカット

間に合わなければ、お風呂は冬場は2日に1回にすることもありました。夏場はさっとシャワーですませることもありました、というかしょっちゅう。洗濯は、まとめて洗濯機に放り込み予約。朝干す。たたむ時間がなければ、干してあるところから直接収穫してそのまま着ることも。食事は「納豆と味噌汁命」。ありがとう和食。
掃除なんて週末にまとめてやるもの。多少のほこりじゃ、人は死なない。
自慢にならないくらい、手抜きをしていました。
でも、それでも、8:30に布団。これだけはほぼ守り抜きました。そのことが、時に私を襲う(疲れると襲ってきませんか?)

「私なんて仕事も育児も中途半端なだめワーキングマザー」

という超ネガティブ思考。そこから救ってくれました。

「私はダメかもしれない。けれど、これだけは守り抜いている!!!」と自分を奮い立たせることができたのです。

人によって育児に対するこだわりは様々かと思います。食にこだわりたい人もいる。読み聞かせにこだわりたい人もいる。私は、「8:30に寝かしつけることにこだわれ」と言いたいのではありません。

何か1つ、自分の中で育児に対するこだわりを守り抜ければ、あとは多少捨てても・・・というか、捨てる覚悟をしないと、仕事を続けてなおかつ、笑顔で子どもを育てるのは難しいと思うんです。
私は何一つ手を抜かず子育てをしたいし、仕事も続けたい、だから頑張る・・・となると・・・眉間にしわが寄ると思いますよ、やっぱり。

完璧じゃなくても楽しくやれた方がいい。

できない自分を責めるのではなく。
協力してくれない誰かを責めるのではなく。(言いたくなりますよね、いろいろと。本当にいろいろと。)

何か一つでもやり抜ける自分を・・・褒める方向で!

 



全国一千万人のワーキングマザーのみなさん・・・あ、これはもういい?それでは早速本題へ。

トイレットトレーニング。略してトイトレ。
みなさん、悩んでいませんか。
何歳から始めますか?1歳?2歳?3歳?

「うちの子はすぐ外れましたよ~」という方。ここでお帰りください。

ここから先は悩んでる方だけお読みください。いいですか。悩んでない方、きちんとトレーニングしてスムーズにオムツが外れたわという方は読んでも衝撃を受けるか批判したくなるだけです(笑)

トイトレはしないという選択肢がある。

幼稚園によっては、排泄の自律ができてないと入園させてもらえないケースもあるようなので、その場合はちょっと話が異なるとは思いますが、保育園では特にそういう決めはないと思います。

だって、排泄の自律が出来るようになるまでの発達の仕組み、ご存じですか?
一応、私だって(かつてあれこれ悩んだ時期があった)調べたんですよ。
いろいろ書いてありました。膀胱の機能の発達と大脳の発達が絡んでいる上に、個人差もありまくりです。
あるサイトでは、昼間のおしっこの自律は3歳~5歳頃までって書いてありました。(2年の幅ってなに)
また、当然のことながら「段階的」に発達していくわけで、膀胱の機能が200mlくらいまでためられるようになるのは4歳半くらい。(おしっこの量が急激に増えるのが4歳くらいまで)おしっこの量とためられる容量まで膀胱が発達するのが微妙な均衡。

「じゃあ、4歳くらいまでには自律するし、それまでは失敗して当然なのね、失敗するとわかってるのに無理に外すことには意味がない。」という私の中での結論。

ゆえに、うちの息子は昼間のオムツがとれたの4歳でした。膀胱の機能って本当に年齢に応じて発達するのねーと感心しました。(呑気)
夜のオムツは小学校入学前でした。夜のオムツを外せなかった理由、それは「朝、おねしょの始末をしている時間がない」これが一番の理由です。正直に言います。
朝、起きておねしょしてたら、当然洗濯物が増えるわけですよね。しかも、シーツとか、布団とか、パジャマとか。その分量は半端じゃない。1分1秒が惜しい朝の時間にその対応をするくらいなら、紙オムツ、買います!!ご存じのとおり、紙オムツはサイズが大きくなればなるほど割高になります。お金勿体なくない?と聞かれたこともあります。

必要経費。

と、割り切ってました。

実際問題、3歳くらいで世間の流れや目を気にして「トイトレした方がいいかなー」なんて、はじめた時期もありました。が、うまく行かず、親子ともにストレス。挙句の果てに「息子さんが荒れてますが、何か変わったことありました?」と連絡帳に書かれる始末。明らかにトイトレの影響。
母子ともに何一ついいことがないなら、トイトレなんてするか。と開き直った結果です。

排泄の自律が人より遅くて何か問題が起きたか?と問われれば・・・何一つありません。

ついでに言うなら、夜のオムツは確かに外れるのが遅かった。すごく遅かったと思います。だって小学校入学直前ですから。でも、夜のオムツがはずれてから今日現在(小3です)に至るまで、うちの息子は1回たりともおねしょをしたことがありません。1回もです。私自身、記憶があります。小学生の時、何度かおねしょをして朝、泣いたことがありました。(怒られると思って。今でも覚えている強烈な記憶です)
それなのに、人より遅くオムツがはずれた息子は・・・小学生になってから1回もおねしょをしたことがないんです。

これって、結局私より優秀じゃ?と思うのですが(笑)

こんな開き直り方もありますよ。という話でした。

*あそビートのサイトはこちら

 



全国一千万人のワーキングマザーのみなさんこんにちは。
元サラリーマンワーキングマザーのばばたまです。(マンなのか、ウーマンなのか、どっち?)
4月から職場復帰。子育てと仕事の両立がはじまっている方がたくさんいらっしゃると思います。そしてGWまで頑張ろう!とにかくそこまで走り切ろう!と自らを鼓舞されているのではないでしょうか?かつて、私もそうだったように・・・

葛藤や悩み多きワーキングマザーのみなさんの気持ちが少しでも楽になるといいなと思って、『ばばたま 適当ワーキングマザーのヒント』という記事もちょいちょい書くことにしました。

「適当って!!(怒)」と、いきり立つのはやめてください。子育ても仕事も長いんです。どっかで適当にやらないと死にますよ。死なないにしても身体壊しますよ。特に、35歳過ぎてから出産したあなた!
無理して身体に出てくるのは40超えてからですよ。(キッパリ)

経験者は語る。

特に、仕事が好きで子育てと仕事を両立したいと思って頑張っている方は無理をしていると、その好きな仕事、やりたい仕事も断念せざるを得なくなります。でも、意外と自分では「無理している」って気づかなかったりするんですよね。
だからこそ、抜けるところでは手を抜いて、切ない思いをしてほしくないなーと思います。

働きやすい職場環境を!
雇用条件や労働条件の緩和を!
子育て支援を!
夫も子育てに参加を!

いろいろ言われるように母親個人でなんとか出来る問題でもないんですけどね。
でも、私個人の、ほんっとーに個人的な感想ですが。
誠実に頑張っていることが相手に伝われば、「意外と」職場は理解してくれる。と、思います。
結局、会社は人で構成されているので、一緒に働く人が「カチン」「イラッ」とくるような言動が非協力につながる・・・のは、別にワーキングマザーだけの話じゃないですし。

出来ないことは出来ない。だからこそ、出来ることは120%やる。
そうすると、プラスマイナスゼロくらいになって、そこそこうまくやれるんじゃないかなーと思ったりするのです。

お前適当って言ってるくせに頑張ろうとか矛盾してるじゃんというご指摘、ごもっとも。
でも、全部適当はダメで、それを推奨したいんじゃないんです。正確に言うと・・・

『頑張りすぎるあなたへ贈る、適当ワーキングマザーのヒント』

まずは、「トイトレ問題」について斬りこみます。(次回記事に続く)

 

*あそビートのサイトはこちら