こんにちは。あそビートの中の人1号 ばばたまです。

新学期を迎え、子どもたちの自殺が増える・・・というニュースが流れる中、いろいろ思うところを書いてみます。
昨日は「苦しみを乗り越えなければの呪縛」について書きました。

今日は「ともだち100人できなくていい」について思うところを少々。

1年生になったら・・・という有名な歌がありますが。

私の子ども時代を思い返しても、そうでした。
「友達はたくさん作りなさい」
「みんなと仲良くしなさい」
呪文のように繰り返された言葉です。私自身、「友達はたくさん作った方がいいんだ」「嫌われてはいけない」と思って怯えていた時代もありました。

小学3年生の息子が、ある日帰宅して私に涙目でボヤキました。

「○○くんが、いっつも俺をバカにする。それに××くんも俺のこと笑うし・・・なんで、あいつらは俺をいじめるんだ・・・」

○○くんも××くんも運動神経抜群の優秀な男の子です。
しかし、息子とは少々趣味嗜好が違います。運動が苦手な息子とは合わないところもあるのでしょう。特に勝ち負けがかかった球技などの時は容赦がありません。足手まといなプレイをすれば途端に叩かれます(笑)

親からしたら「絶対、彼らとは合わないでしょ・・・」と思うところもありますし、勝ちたい彼らからしたら息子に対する苛立ちもわからなくはない。

「あの子たちと遊んだら、運動苦手な人はそう目に遭うよ。他の人と遊べばいいじゃん」

「なんで!だってみんな仲良くしなくちゃいけないんでしょ」

でた!!
「みんなと」「誰とでも」→日本教育では大事です。
聖徳太子も言っています。『和を以て貴しとなす』と。

いや、ちょっと待って。この言葉。

和やかに空気を乱すことなく、同調せよということではないんですよね。なんか、同調せよ・・・みたいな解釈をされることがありますが、本来の意味は大勢の人たちが集まれば意見が分かれる、派閥もできる、その場合は意見の総和がとれるまで徹底的に話し合え・・・ということだそうです。

つまり「空気読んで、団体を乱すな」って意味じゃないんですね。

聖徳太子は人々が集まれば、異なる意見や対立、派閥ができることをよくわかってた。だからこそ、「そこにいる人たちが徹底的に話し合うべき」と思っていた・・・ということです。

じゃあ、その時に必要なことはなんだろう・・・と考えたら

*自分の意見を表現できる力。
*他人の意見に耳を傾ける力。
*そして、建設的にまとめる調整力。

ではないでしょうか。

これ、本当に難しいと思います。
実際それが上手にできている場って、大人でもなかなかありません。どこか、同調圧力が働くし、遠慮する人はいるし、立場によって発言が強くなる人もいるし・・・

仲良くなると、それが冷静にできなくなることもあるわけで。

つまり「みんなで何かを成し遂げる」ということと「みんなが仲良くする」ということは同義ではないと思います。

もちろん、同じ目的に向かって進んでいくうちに友情は芽生えるでしょうし、そこで仲良くなることがベストではあるのですが、それよりも何よりも大切なのは「お互いの意見を言い合い、お互いの意見を聞きあい、総和を導き出す」ということだと思うのです。

あそビートはそれを「体感」するのにとてもいいプログラムだと思っています。

*1人1人が思い思いのリズムを叩き(自己表現)
*同時に、周りの人がどんなリズムを叩いているかを聞き(傾聴)
*ファシリテータとその場の全員が一つの音楽にまとめあげていく(調整)

子ども達には言葉を使っての話し合いはハードルが高い子もいると思うのです。人によって語彙力の発達も様々ですし、「出来る・出来ない」に左右されやすい。でも、打楽器のリズムで表現するのなら・・・同条件です。

そして、その経験によって自信をつけ、口下手だったけど「自分の言葉」で意見が言えるようになる子もいます。経験するって、本当に大切だと思います。

さて、ボヤいていた息子に私が何を伝えたかというと・・・

「仕方ないよ。彼らは『勝ちたい』わけ。あなたは『楽しく遊びたい』んだよね。向いてる方向性が違うんだからさ、そりゃうまくはいかないよ。ところで、あなたは他にお友達はいないの?」

「いるよ。△△くんとか、◆◆くんとか・・・」

「だよね。じゃあ、その子たちと楽しくやりなさいよ。あなたを認めて、楽しいといって遊んでくれる子がいるのに、なんでわざわざバカにするような子の方を向くの?受け入れてくれる友達がいるのに、なんぜわざわざ悪口を言う人の方ばかり気にするのよ。楽しくやってたら、そのうち、バカにしている子たちだって、何してるか気になって寄ってきて仲良くできるようになるよ。」

「寄ってこなかったら?」

「それはそれでいいじゃん」

まだ、不満気な息子でした。

みんなで仲良くの呪縛は、なかなか解けそうにありません(苦笑)

 



こんにちは、あそビートの中の人1号 ばばたまです。

9月になって新学期が始まり、学校が嫌で、行き場がなくて、追い詰められて・・・
そんな話がニュースになります。
図書館や、動物園が「学校が嫌ならここにおいで」と呼びかけます。

逃げ場を作ってあげることも大切だと思いますが、真剣に「学校を楽しい場所」にすることについても考えるべきだと思います。

「楽しい場所」と言うと、敏感に反応する方もいます。

人生は楽しいことばかりではない、学校とは我慢や忍耐も学ぶべき場所である、と。

もちろん、まぁ、それは正論なんですが・・・そもそも学校という場所で「死にたくなるほど」嫌なことが起こるって何さ?と思いますし。

本来、学びだってスポーツだって「楽しいもの」であるべきではないのか?と思うんです。

楽しいからこそ、もっと知りたい、もっとうまくなりたい、と思うのであって、自らが望んで苦労するならば、その苦労さえ楽しいはず。つまり苦労を否定しているんではなく、その苦労さえも楽しめるようにできないものか?ってことです。

そういいながらも、私自身、部活などでは「優勝とは涙を乗り越えて苦労の末に手にするもの」的な一昔前のスポ根丸だしで厳しく鍛えられた世代です。だから、楽をして手に出来るものなんてない!努力と根性で頑張れ!頑張ったものにだけ得られる何かがある。

そんな教育がしっかり染みついている世代なんです。

だから、何か上達したいと思ったら頑張らなくちゃいけない。

頑張る=辛く苦しい みたいな図式が出来上がっちゃってます。

楽しむことはまるで罪悪みたいな(^^;
あと。楽しいっていうとなんか「不真面目」みたいに受け取られることもあります。

皆さんはいかがですか?

私がそれに気づいたのは、実は割と最近です(笑)
頑張ることは辛いことでも苦しいことでもなくて、楽しいことなんだ。と。

個人的に40を超えて、声楽を始めたのですがこれが楽しいんです。
時間をやりくりしたり、身体的にもきつかったり、辛くないわけじゃありません。
イタリア語だって読めないし、何から何までゼロからの出発できつい。
だけど、練習をして歌えるようになってくると俄然楽しい。
楽しいからもっと練習しようと思う。

「はい、楽しく頑張ってぇ~。肩の力を抜いて頑張ってぇ~。」

と、先生は笑います。個人的には「頑張るのに肩の力を抜くってなに?!」と思いました。
でも、思ったのです。「あぁ、頑張るって歯を食いしばって、涙目になることが頑張ってるっていうことじゃないな・・・」って。

だけど。

日本人って、そういう文化じゃないじゃないですか!!(笑)>おい、話が大きくなったな。

真面目なんだと思います。根っから。
だからこそ、戦争から立ち直ってここまで成長した。>さらに話が大きくなってる。
けど、この辺で少し考え方を変えていいと思うんです。
真面目も大事だけど、真面目一本もやめませんかーと。

楽しく学ぶ。ということはとても大切だと思います。

人間関係もそう。

わずらわしいとか。面倒くさいとか。
そういう側面があることは否定はしないけれど、仲間と一緒だと楽しい。
仲間と一緒だと自分だけでやるよりも大きなことができる。

そんなプラスの感情を味わうことができれば・・・学校だって「楽しい場所」になる。

あそビート「楽しく学ぶ」「遊んで学ぶ」をモットーにこれからも活動の場を広げていきたいと思います。人と人とのつながり、力を合わせて何かを成し遂げる楽しさ、それを実体験として感じて欲しい。そんな気持ちで、これからも活動していきます。

 

*あそビートのサイトはコチラ

 

 

 

 



ようやく晴れた日曜日。今日はお花見も楽しめそうですね。
洗濯モノも乾きそうです♪←とても大事。

1.勉強は大切

あそビートでは「子ども達は遊びの中から生きる力を学んでいく」ということをモットーにしています。
これは勉強しなくていいという意味ではありません(笑)
新しい知識をどんどん取り入れること、それはやはり「勉強」をしていくしかありません。
森高千里も歌ってましたが、「勉強はできるうちにしておいた方がいいわ」なのです。(古い?)

ただ、同時に習得した知識を正しく使うには経験が必要不可欠です。

これは、あそビートの本家?出発点?になっているトレーニングビートを通して思ったことなのですが、社会人のみなさんはビジネススキルをたくさん学んでおられます。特に、企業研修を積極的に導入しようという会社の方々はビジネス書もいろいろ読んでいるし、様々なセミナーや研修を受けているのでいろんな知識を持っています。

が、なぜか現場でそれが生かされない。
ゆえに、同じようなトラブルが起こる。チームのモチベーションもあがらない。生産性があがるわけもなく、会社全体の業績もあがらない・・・という結果に。

こんなに頭もよく、いろんなことを知っている人たちなのになぜ?!

ということは、現場あるあるじゃないでしょうか?

2.知識に経験が加わると、初めて自分の「もの」になる

ビジネスの現場でTOC(制約理論)という有名な考え方があります。

これは、エリヤフ・M・ゴールドラット博士が提唱したもので、有名なビジネス本「ザ・ゴール」を読んで知っているビジネスマンは多いです。
そう「知識」として知っている人は多いです。
私もその一人でした。知ってはいるけど、それが自分の業務や組織(チーム)にどう結び付くのか?それを知ったからといって何をしたらいいのか?まったくイメージがわきませんでした。
でも、トレーニングビートであるアクテビティを「経験」してから・・・具体的なイメージがつかめるようになったのです。まさに「知識」と「経験」は両輪であると感じた瞬間でした。

ツィッターで話題になったので、ご存じの方も多いと思いますが、知識と経験の違いについて図式化されたものが以下の図です。

出典は漫画家のヒュー・マクラウド(Hugh MacLeod)氏ツィッター

この図では日本語に直訳すると「情報」と「知識」の違いとなりますが、知識それ単体では単なる「情報」にしかすぎず、それを体系化して有効に活用しようとするには情報と情報を結びつけるものが必要であり、それが「経験」である・・・そうなって初めて「知識」として自分の中に落とし込まれる・・・・というような見方をするのとわかりやすいと思います。

子どもにとって「遊び」とは、この「つながり」をたくさん増やしたり強化したりする役割がある「経験」「体験」の場であると考えています。
学校や塾で「情報=自分に落とし込まれていない知識」はたくさん得る機会があります。子ども達は学びの機会はあるのです。でも、それを統合して実際に活用する機会が少ないのではないのでしょうか。

あそビートは、子どもたちが持っている情報(知識)を経験によって自分の中に落とし込み「智恵」とするお手伝いをするプログラムを目指しています。

*あそビートのサイトへ戻る



4月1日ですが、今日は土曜日。
新生活が始まる前の一息つける週末。
今年も4分の1が終わった・・・というとちょっと焦りますが、まだまだ残り4分の3
冬が嫌いな私にとってはこれから本番です!(笑)

昨日は、あそビートのプログラムの中でも一番目のプログラム「バンビーノ」について少し書きました。
あそビートは、3つのコースで構成されています。
が、そもそもこの子ども向けプログラム「あそビート」を立ち上げる際、プログラムをどのように作っていくのか?
それを模索するところから始まりました。

1.100人を超えるアンケートが教えてくれたこと

自分たちだけで考えていても限界があり、100人以上の方にアンケート協力をしていただきました。

ご協力をいただいたみなさまには改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

とても面倒なアンケートだったにも関わらず、子どもへの悩み、関わり方、育児観・・・とても丁寧に熱心に回答をいただき、誰もがみな子どもに対する深い愛情を持っていることを改めて認識しました。
そして、また、みなさんいろいろな思いを抱き、日々試行錯誤しながら子育てに奮闘されていることも強く感じました。そう!!子育てには正解がない。そして、親になるための事前学習なんて・・・ほとんどしないでみんな親になりますよね。(産院で母親学級、父親学級などがあるくらいだし、あれってほとんど新生児のお世話を教えてくれる感じのものだった気が・・・記憶が曖昧)

そして、いざ子育てが始まってみたら・・・日々「これでいいのか?」と悩むことが次から次へとわいてきます。
しかも、それは子どもの成長とともに目まぐるしく変っていきます。

そしてその悩みも多岐に渡ります。
発達や健康に関する悩み。
子どもの性格に関する悩み。
親子関係に関する悩み。
子どもを取り巻く環境に関する悩み。
子どもを取り巻く人間関係に関する悩み。
学習面の悩み。
進路の悩み。
そして・・・子ども側だけでなく、親自身に問題があるのかもしれないという悩み。

あそビートを通じて、一体どの悩みにフォーカスするのか?
メンバー間で何度も話し合いをしました。

自分たちのやってきたこと、出来ることで、親子が抱えている問題・悩みをどう解決していくのか?
どんなことを解決したら、子育てが楽しくなり、また子ども達が健やかに成長していくのか?

2.私たちには何ができるのか?

私たちのプログラムのもとになっているのは、企業向けチームビルディング「トレーニングビート」
そして、そのトレーニングビートのもとになっているのは「ドラムサークル」
カズさんとKENさんがドラムサークルファシリテーターとして過去10数年に渡って取り組んできた、真似をすることが難しい「経験値」

出てきたのキーワードは「チームビルディング」でした。

人が初めて出会うチーム。それは、親子。
しっかりとした親子関係を築くことで、子どもは自分と向き合うこともできるようになる。
そして、自分に対する自信(自己肯定感)を高め、家族以外の人間関係を作り自分の世界を広げていくことができる。新しい関係(いわば、チーム)を自分で作り上げていくことができる。

私たちのプログラムは、そこをサポートしていくものでありたい。
そう方向性が決まりました。

年齢や発達段階に応じて、出来ることは異なります。
そして、悩みも様々です。
そのため、あそビートのプログラムは子どもたちの発達段階と年齢にあわせた発達課題にそったプログラム3つにわけることになりました。

発達のスピードは言う間でもなく個人差がありますので、おおよその目安、と考えていただきたいです。

あそビートのサイトへ戻る

 

 

 

 



kaz_001

はじめまして。
『あそビート』の企画・営業・現場もろもろ担当 ばばたまです。

初ブログ、ということで一番お伝えしたいことから書こうと思います。
なぜ、これを始めようと思ったか。

1.トレーニングビート®との出会い

トレーニングビートというのは、合同会社ビートオブサクセスがすでに6年以上前から企業に向けて販売している「音楽とリズムを使ったチームビルディング研修」です。
会社をやめて、産業カウンセラーの資格を活かしながら何か仕事をしようと思っていた私は、ご縁があってこちらのお仕事を手伝うことになりました。

この研修が・・・面白いのです!

ビジネス本を読んで消化不良だったこと、過去に受けたビジネスセミナーで頭ではわかっていたことが、自分の中に「腹落ち」する。
あたかも、ヘレン・ケラーが水という言葉と、水という物質が自分の中でしっかり結びつき ”WATER!!” と叫んだ瞬間の時のように。

私がお手伝いさせていただくようになり、企業で実施されるこのトレーニングビートにも何回もサポートという形で同行しました。
何十人、何百人という方の受講後アンケートを集計させていただきました。
この研修を受けて「意味がなかった」という人は実に・・・1%に満たないと思います。

誰もが笑顔になり、チームとの一体感を感じ、「協働すること」の楽しさを感じて帰られるのです。

また、この研修はたくさんの「打楽器」を使います。

ジャンベ、コンガ、カホン、スルド、タンタン・・・いろんな国の太鼓。
そして、シェイカー、ギロ、鈴、オーシャンドラム、チャイム・・・・あらゆる楽器が目の前にあり、それを叩いたり、鳴らしたりするのです。
気軽に手に取って、とりあえず叩いてみる。それだけで十分演奏可能です。

これが、ご自身とメンバーの創造性(クリエイティビティ)をとても刺激し、感情の発散を促したり、さらにはこの場で感じた一人一人の「気づき」が日常生活のやる気アップにもつながっていくことがわかりました。

これは・・・

大人だけにやらせておくのはもったいないのでは?

と、気づいてしまったのです。

むしろ、子どもたちの経験や可能性を大きく広げていくためにもっともっと活用していくべきなのでは!?と。

2.遊び場を失った子どもたち

時代が変わり、子ども達(特に都市部では)には自由に遊べる場がほとんどありません。防犯面からという理由も大きいですが、公園でも禁止事項が多くザリガニ一匹釣るにも制約がある今日この頃です。
ボール遊びが禁止されたり、ちょっと騒げば近所から苦情が出る。

怪我をさせない、怪我をしない、ということや、親同志のつながりが希薄になった分、子ども同志の喧嘩にも親が気を遣う・・・そんな時代になりました。

もっと自由にのびのびと、好きにやる時間があっていい。

そんな風に思ったのです。
その経験は、大人になって社会を生き抜くときに必ず糧になる。

日本の未来を担う、今の子どもたちが強く逞しく生き抜くための力をつけて欲しい。

そして、その思いは私一人だけではなかった。

私以上に、熱い思いでもう10年以上活動しているドラムサークルファシリテーターのカズさん、ケンさんも同様だったのです。

そんな暑苦しい・・・熱いメンバーが集まって始める。
それが『あそビート』

 

 

*あそビートの出発点である、企業向け研修プログラムトレーニングビート®
を詳しく知りたい方はこちらをクリック!(合同会社ビートオブサクセスWebサイト)

あそビートのサイトに戻る