こんにちは。あそビート 中の人1号 ばばたまです。

今日は新井紀子教授のTED『ロボットは大学入試に合格できるか?』に衝撃
を受けたので、まだご覧になっていない方にはぜひ見ていただきたいなと
思ってブログを更新しました。

ここからリンク

で、私がここであれこれ書くより、新井先生のお話が百万倍面白いので見てください。

終わりか!!

 

結論から先に言えば、ロボットは東大には合格できません。
但し、日本の6割の大学には合格できます。わぁお。
ロボット優秀。。。

でも、新井教授はこの現実に懸念を抱かれています。
「どうしてこの知性を欠いた機械が、人間の学生を、私たちの子ども
を凌駕できたのでしょう」

と、はっきりおっしゃっています。

個人的に感じたことはAIの発展が、このままの学校教育ではいけないのだという
ことを、示唆しているような気がしたのです。
今までは、まさに優秀なAIのような人が「優秀だ」とされていたと思うんです。

たくさんの知識を持っていて。
質問に対して、その膨大な知識のなかかから最適な答えを引っ張りだしてくる。

それが、「頭にいい人」いわゆる「試験に合格する人」だったと思います。
もちろん「知識を蓄積する」ことを否定しているわけではありません。
知識がなければ、最適な解を導きだすことはできない。
知識がなければ、そもそも考える材料がそろわない。

でも、『それだけでは限界がくる』ということは、この新井教授の講演を聞けば
よくわかります。

人であれば、特殊な勉強をしていなくても、講演の中で出てくる英文会話の
穴埋めは難しくないと思います。
でも、ディープラーニング(深層学習)をして150億個の英文を読んでも
コンピューターは正解を導きだせない。

そこに「人が人であることの意味」があるような気がしました。

そして、ぞっとしたのはAIの発展の話ではありません。

最後に出てきた「文章問題の中に正解が書いてあるにも関わらず、3分の1の中学生が
答えを間違える」という現実。

子どもたちをAIと競わせるのではなく。→膨大な情報からの検索と最適化は勝てない。
AIがそもそも越えられない、人としての能力、人でなければならない能力を鍛えるための教育が
必要なのではないかと強く感じました。