ゴールデンウィークも終わり、今週から通常運転モードですね。でも、あまり頑張りすぎると体調崩しますので、ゆるっと自分の心と身体のバランスとりつつ、今週はセーフモードでいきましょう!(笑)
あそビートのフェイスブックページにたくさんの方がご訪問ください、「いいね」もたくさんいただきました。本当にありがとうございます。それなのに、ブログ更新が5月1日からぴたりと途絶え・・・

申し訳ありません。(中の人、生きてます)

今日からまた地道に更新していきますので、ぜひぜひチェックをお願いします。
近日、あそビートの新しい動きやイベントなどのお知らせを・・・できるように鋭意頑張ってまいります。

さて。

イクメンの夫がうらやましい地獄。

に、とらわれて、苦しんでる方はいませんか~?

なぜ、うちの夫は育児に協力的ではないんだろう。
なぜ、私ばかりが仕事も育児も・・・
いいなぁ、〇〇さんのお宅は保育園の登園にパパさんがいつもきてくれて。
いいなぁ、××さんのお宅は行事にいつもパパさんが参加してくれて。
あーあ・・・△△さんのお宅は、パパが休日はお子さんを遊びに連れて行くの!!うらやましいわ。
えっ!ごはん作ってくれるの?パパが?すごい!!

はい、すべて数年前の私の心の叫びです(笑)

最近では母親1人で子育てを回していくことを「ワンオペ育児」というみたいですが・・・

我が家は「平日母子家庭」でした。(というか、今も)
もっと育児に関わって欲しい。もっと家事を手伝って欲しい。イクメンの話題なんてニュースや雑誌で目にしようももなら、もう「キーーーーーーーーーーーーーー」となっていました。(テレビを叩き割り、雑誌は破り捨てる勢い)

お互いに妥協点の見えない、不毛な喧嘩もしました。険悪になり消耗するだけで何ら生産性のない戦い。

ここ、お子さんが1人か2人か・・・ということで全く事情も異なると思うのですが、私はどうしたかというと「イクメン」という概念を自分の中から消した。空想上の生き物であると。(笑)

子どもが1人なので、ワンオペでもなんとか回すことはできたんです。夫が稼いで生活費さえ入れてくれたら(笑)
というと「そんな極論!!家族を養うのなんて当たり前でしょ!!」とお叱りをうけそうですが・・・

でもね。稼ぐのだって楽じゃない。昭和47年生まれの私の考えは古いかもしれません。が、会社の中でそれなりに存在感を出して(リストラされないように)、お給料をしっかりもらえることって、やっぱり甘くない。そんなブラックなと言われるかもしれないけど、ある程度仕事を中心にしっかり働かなくちゃ、周囲からの信頼を勝ちとることだって難しい。

私自身、サラリーマンだったからわかる。わかるんです。

子どもを迎えに行きますから帰ります。って、男性なら女性よりもっと言いにくい。
それ、わかるんです。いい悪いじゃなくて、それが現実。

もちろん、イクメンやりながら会社でもしっかり結果を出すパーフェクトヒューマンだっていると思います。それが許される社会や会社を作っていかなくちゃいけないこともわかるんです。でも、残念ながら現実はそんなにすぐ劇的には変わらない。
イクメンもいれば、イクメンじゃない人もいる。
私の夫はイクメンにはなれなかった・・・・ただ、それだけです(笑)

おそらく今は過渡期。過渡期には、夫はイクメンにはなれなかったことで悩み、苦しみ、葛藤する妻だってたくさんいるはずです。

そんな私に勇気をくれたのは、西原理恵子『毎日かあさん』の中のこんな台詞。(第2巻より)

こんな苦労が男にできるかバカヤロウ。人生は女の方が絶対楽しい。」

私の座右の銘です。



こんにちは。あそビートのばばたまです。

突然ですが『育児書』って読みますか?私は、産後、赤ちゃんについて知識がなさ過ぎたため、いろいろ買って読み漁りました。(発達心理学は学んでいたものの、生後0か月→1カ月→2か月・・・なんて短いスパンでの成長についてどうなのかなんて全くわかっていませんでしたから・・・)

岩波書店から出ている、有名な松田道雄先生の『定本 育児の百科(全3冊)』も読みましたし、重くて厚いことで有名な『シアーズ博士のベビーブック』も読みました。

はい、わりと形から入るタイプです(笑)

子どもがいる家庭では加入率が結構高いパ○システムにも入っていたのですが(当時)、またこのパ○システムのチラシがものすごい量で。図書なんかも毎週いろんなラインナップがあって、育児書もいろいろ薦めてくる。

お母さんための○○ とか 男の子をもつお母さんへ○○ とか ○○お母さんのための×× とか・・・ありとあらゆる角度からせめてくるんですよね。

それだけ読み漁った私はどうしたかというと・・・

育児書は捨てた。

はい。もう、結局、子どもをどう育てたいかは親が決めるしかないんだなと思ったので。
いろんな育児論があって、いろんな先行研究もあって、いろんな事例があって、いろんな育児法があるなということはよくわかりました。でも、どれもそこに出てくる子どもは「私の息子ではない」ということ。

そして、何より育てているのが「私自身だ」ということ。

選択肢を豊かにするという意味で、育児書を読むことは無駄じゃない。諸先輩方のアドバイスや体験談を聞くことは無駄じゃない。でも、最終的に決めるのは私だ、と気づきました。

加えて、息子は7カ月から保育園に通いはじめたのですが、そうなると保育園が心のよりどころ。先生たちには本当に母子ともに支えてもらい、助けてもらいました。子どもを間に挟んで、いろいろ話していくことが一番の方法だなと感じました。

そんな私ですが、一つ心に残して支えにしているある育児書の教えはこんなことです。

親の子育てが理論的に正しいか間違っているかは、実はそれほど問題ではない。
親が子育てに自信を持っているか、あるいは過度の不安を抱いているかの違いが、子どもの人格に影響をあたえる。

人に自慢できるような子育ては何一つしていませんし、実際、小学校入学後1年の間にいろんなことがあったので情けなくって泣いたこともしばしば。でも、私は私の信念に基づきその時のベストは尽くしている・・・ということだけは言い切れます(笑)
どんなお母さんだって、「子どものため」と一生懸命。だから、そんなに間違うことなんて、ないんですよね。自信もって自分にあった情報の取捨選択しちゃいましょ~

*あそビートのサイトはこちら