全国一千万人のワーキングマザーのみなさん・・・あ、これはもういい?それでは早速本題へ。

トイレットトレーニング。略してトイトレ。
みなさん、悩んでいませんか。
何歳から始めますか?1歳?2歳?3歳?

「うちの子はすぐ外れましたよ~」という方。ここでお帰りください。

ここから先は悩んでる方だけお読みください。いいですか。悩んでない方、きちんとトレーニングしてスムーズにオムツが外れたわという方は読んでも衝撃を受けるか批判したくなるだけです(笑)

トイトレはしないという選択肢がある。

幼稚園によっては、排泄の自律ができてないと入園させてもらえないケースもあるようなので、その場合はちょっと話が異なるとは思いますが、保育園では特にそういう決めはないと思います。

だって、排泄の自律が出来るようになるまでの発達の仕組み、ご存じですか?
一応、私だって(かつてあれこれ悩んだ時期があった)調べたんですよ。
いろいろ書いてありました。膀胱の機能の発達と大脳の発達が絡んでいる上に、個人差もありまくりです。
あるサイトでは、昼間のおしっこの自律は3歳~5歳頃までって書いてありました。(2年の幅ってなに)
また、当然のことながら「段階的」に発達していくわけで、膀胱の機能が200mlくらいまでためられるようになるのは4歳半くらい。(おしっこの量が急激に増えるのが4歳くらいまで)おしっこの量とためられる容量まで膀胱が発達するのが微妙な均衡。

「じゃあ、4歳くらいまでには自律するし、それまでは失敗して当然なのね、失敗するとわかってるのに無理に外すことには意味がない。」という私の中での結論。

ゆえに、うちの息子は昼間のオムツがとれたの4歳でした。膀胱の機能って本当に年齢に応じて発達するのねーと感心しました。(呑気)
夜のオムツは小学校入学前でした。夜のオムツを外せなかった理由、それは「朝、おねしょの始末をしている時間がない」これが一番の理由です。正直に言います。
朝、起きておねしょしてたら、当然洗濯物が増えるわけですよね。しかも、シーツとか、布団とか、パジャマとか。その分量は半端じゃない。1分1秒が惜しい朝の時間にその対応をするくらいなら、紙オムツ、買います!!ご存じのとおり、紙オムツはサイズが大きくなればなるほど割高になります。お金勿体なくない?と聞かれたこともあります。

必要経費。

と、割り切ってました。

実際問題、3歳くらいで世間の流れや目を気にして「トイトレした方がいいかなー」なんて、はじめた時期もありました。が、うまく行かず、親子ともにストレス。挙句の果てに「息子さんが荒れてますが、何か変わったことありました?」と連絡帳に書かれる始末。明らかにトイトレの影響。
母子ともに何一ついいことがないなら、トイトレなんてするか。と開き直った結果です。

排泄の自律が人より遅くて何か問題が起きたか?と問われれば・・・何一つありません。

ついでに言うなら、夜のオムツは確かに外れるのが遅かった。すごく遅かったと思います。だって小学校入学直前ですから。でも、夜のオムツがはずれてから今日現在(小3です)に至るまで、うちの息子は1回たりともおねしょをしたことがありません。1回もです。私自身、記憶があります。小学生の時、何度かおねしょをして朝、泣いたことがありました。(怒られると思って。今でも覚えている強烈な記憶です)
それなのに、人より遅くオムツがはずれた息子は・・・小学生になってから1回もおねしょをしたことがないんです。

これって、結局私より優秀じゃ?と思うのですが(笑)

こんな開き直り方もありますよ。という話でした。

*あそビートのサイトはこちら