新学期や入学式が終わっての週末。
いつもとは違う疲れがたまっているのではないでしょうか?
新しい環境は、誰もが緊張しますよね。お疲れ様です。
私は、息子の通う学童保育の昨年度おやつ代の会計監査をしてきました。意外と?!サーティ○ンのアイスクリームとか、ミス○ードーナツとか、いいもの食べてました(笑) さすがにそういうのは月に1回のお誕生会の時だけですけど。

1.子どもと遊ぶのは楽しいか?

先日、ネットを見ていたらこんな記事に目が留まりました。

子どもと遊ぶのが楽しくない!自分の本音に戸惑うママ

PHP発行の『のびのび子育て』に寄せられたあるお母さんの投稿でした。

待ち望んで待ち望んで、やっと生まれた赤ちゃん。
赤ちゃんは可愛いのに、赤ちゃんと遊ぶのが楽しくない。赤ちゃん特有のコミュニケーションや赤ちゃんが喜ぶ遊び(同じことの繰り返し)が楽しいと思えない・・・そんな自分に戸惑ったという話です。
そのうち、歌をうたうことなら娘さんも機嫌がよく、自分も楽しい気持ちになれることに気づきます。(でも、この方は特に歌が好きというわけではなかった)
そんな風に過ごしていたある日。お友達の結婚式の集まりに呼ばれ、歌とギターのライブが始まりました。娘さんは「お歌が始まるよ」というと目を輝かせて前を向きます。一方、少し前からぐずりはじめていた男の子は演奏には興味を向けず、スマホの画面を見ている・・・それ自体がどうこうではなく、歌を楽しむということも、もしかしたら自然と習得するものではなく、人との関わるで育まれるものなのだとしたら、赤ちゃんと遊ぶことが楽しくないと思って苦肉の策で編み出した「歌」という方法。それも悪くなかったと感じて気持ちが楽になりました・・・

と、いうような内容でした。(元記事はこちら)

深くうなずける。

私も赤ちゃんといて「間が持たないタイプ」だったから。

30分や1時間ならいいんです。もっというなら、1日2日なら大丈夫なんです。でも、毎日だと・・・

飽きる。

↑言い切った~

2.「つまんない」を「楽しく」したい

もうね、いいんです。こんな風に書くと眉をひそめる人もいるでしょう。
唖然とする人もいるでしょう。でも、こんな風に思ってしまう母親だって、絶対いるはず。っていうか、赤ちゃんにあわせた遊びで、大の大人が日がな一日満足できるわけがない。

でもですよ。そういう気持ちを抱くと、それによる罪悪感みたいなのが生まれるわけです。
赤ちゃんが満足するまで付き合えない自分は母親失格。みたいな。

そんなことありません。

なんだかんだいったって投げ出さず(当たり前か)みなさん育ててるんです。ふとそういう気持ちに襲われたって、誰があなたを責められようか。(反語)

あそビート・バンビーノは、「大人も楽しく一緒に」赤ちゃんと楽しめるように作られたプログラムです。実際体験されたお母さんから「・・・私の方がめっちゃ真剣に楽しんじゃったんですけど、いいんですかね?」と聞くくらいに(笑)

いいんです。

赤ちゃんだけが楽しいのではなく。
大人だけが楽しいのではなく。
一緒に楽しめるのが一番楽しい。と、思うからです。

「えー?その感覚、ちょっとわからないわ。私は赤ちゃんといるだけでほんとに楽しいから」という方もいると思います。それはそれで素敵なことです。(私にしたら羨ましい感覚です)
なので、あそビート・バンビーノが不要なお母さんだってたくさんいると思います。

でも。

赤ちゃんは可愛いのに。わが子は可愛いのに。だけど、一緒に遊ぶことが苦痛。または、一緒にどうやって遊べばいいのかわからない。・・・そんな悩みを抱えている人に(そして、それは決して少なくない)届けたい。そう思っています。

*あそビートのサイトへ戻る