今年のお花見は平日がピークだというニュースが流れた今日。
桜満開の代々木公園で、ついに「あそビート・バンビーノ」プログラムデビューとなりました!

感無量です。

・・・って、これからが勝負なんですけどね。(^^;

渋谷区の「走り回れる保育所・託児所」ミライLaboさんの設立記念日のイベントに参加してきました。
こちらの保育所は、脳科学や臨床心理学などを取り入れた保育を行っていて、子どもの可能性を広げるためのお稽古事などにも積極的に取り組んでいます。

*ミライLaboさんのWebサイトはこちら

代表の白井さんとお会いさせていただいたのは今年の2月。
カズさんと一緒に訪問したのですが・・・
その日、一足先に渋谷についた私と、ギリギリになりそうだというカズさん。

「それじゃあ、私が先にいってますね!カズさんはゆっくりきてください。お天気も悪いし。」と言っておきながら、場所がわからずうろうろとミライLaboさんの周辺を彷徨い・・・白井さんにSOSの電話を掛けたら「あっ、カズさん、先にいらしてますよ。」と言われた衝撃の出会いから2か月(お前が方向音痴なだけだろうと言われたらそれまでですが)こうやって、プログラムを実施させてもらえるご縁に感謝です♪

お会いした際、あそビートの主旨にとっても興味を示していただいたのですが、実は、その当時ご紹介したプロトタイプの「あそビート」は対象年齢4歳以上のミライLaboさんを利用するお子さんより高い設定のものでした。

「このプログラムで、もう少し小さい子向けの軽いプログラムもあるといいですよね。あそビート・バンビーノとか(笑)」という白井さんの一言。そして、そのネーミングをそのままいただいた我々(笑)

今日がプログラムデビューの日ではありますが、あそビートは日々進化させ、よりよいものにしていきたいと思っています!

こちら、ミュージックフープという連結できる長ーいシェイカーのような楽器です。
やわらかい素材で出来ているので小さなお子さんでも危なくないし、こうやって輪にしてみんなでぐるぐる回していくことで、簡単に一体感を感じることができます。

取り外して小さい輪にして遊ぶこともできます。

パラバルーンを使って遊んだり・・・

ばぁーっ!!いた!!(笑)

サウンドシェイプという打楽器を使ってみんなでリズム遊び。

満開の桜の下で、思う存分みんなで音楽とリズム遊びを楽しみました。

あそビートは、音楽を学ぶプログラムではありません。
例えば、上手に太鼓を叩けるようになるとか、シェイカーをめちゃくちゃ上手に振れるようになるとか、絶対音感を身に付ける・・・などが目的ではありません。

あくまで、音楽とリズムを仲介にして、親子のコミュニケーションを促進したり、子ども自身の好奇心を満たしたり、成功体験を感じたり、お友達と協働作業をしたり・・・様々な体験を通じてコミュニケーションスキルを磨き、自己肯定感を高め、チームワークの大切さを感じてもらうためのプログラムです。

また、「あそビート・バンビーノ」は、赤ちゃんとどう接していいのかわからない。どうやってコミュニケーションをとったらいいのかわからない。そんな悩みをお持ちの(主に)お母さんが、自然と赤ちゃんとアイコンタクトを取り、触れ合って、良好な絆を作っていくための親子一緒に楽しむプログラムとなっています。

使用する楽器も細心の注意を払って、安全なものを選定しています。
いろいろこだわり満載の「あそビート」

これからどうぞよろしくお願い致します。

そして、ミライLaboの代表である白井様、スタッフの皆様。設立1周年おめでとうございます。
これからも、働くお母さんたちのパートナーとして頼もしい存在でいてください!