今日は3月31日。明日から4月ですね。
週明けからは、お子さんを保育園に預け職場復帰されるお母さん
もたくさんいらっしゃると思います。
わが子と離れる不安。
仕事と子育ての両立への不安。

それと同時に、「少しだけほっとした気持ち」もあるのではないでしょうか?

え?ない?ほんとに?

なぜ、私がそんなことを聞くかというと・・・私は職場復帰が待ち遠しかったからです・・・(本音)

1.赤ちゃんはかわいいだけではない

私が出産したのは9月。季節は秋から冬に向かい、ちょうど母乳の免疫が切れると言われている生後6カ月前後が冬でした。感染症が流行る季節なので、外出もままならず(夫は超心配症)毎日朝から晩まで母子2人で家に閉じこもりっきり。

たそがれ泣きだの、夜泣きだの、とにかく日々言葉の通じない赤ん坊と2人きり。母乳とオムツ換え、抱っこであやして朝から晩まで同じことの繰り返し。人と会うこともなく、来る日も来る日も赤子と2人。
今思えば、軽く育児ノイローゼだったかもしれません。

生まれる前、私が周囲の人から言われたことと言えば

「赤ちゃんはかわいいよ~」
「赤ちゃんって本当にいいよ。」
「子育てを楽しんで~」

そんな言葉ばかり。実際、赤ちゃんのうちはお世話も楽なのかなって思っていました。が。

現実は甘くない。

24時間、こちらの疲れや眠気などお構いなしに泣き叫ぶ。
言葉も通じない。暑いのか?寒いのか?お腹がすいたのか?オムツなのか?
あらゆる手段を尽くしても泣き止まないこともある。

赤ちゃんがこんなに大変だって、誰も教えてくれなかった(恨)

2.追い詰められて・・・

口をそろえてみな「かわいいよ~」ばかり。
かわいいなんて思えない自分がおかしいのかと思ったこともありました。

その日も、朝からむずかる息子をバウンサーであやしながら、あらゆる手を尽くしきった私。
これ以上、どうしろと・・・

泣き止まない息子を見つめながら、追い詰められた私が取った行動。

息子のガラガラ(ラトル)をむんず、と、手に取り・・・

蒲田行進曲を歌いながら踊る36歳(当時)

↑危ない・・・

きょとんとして私を見る息子。
そして、不思議とすっきりして思わず笑ってしまった自分。

赤ちゃんと2人きりの密室育児に笑いと爽快感をもたらしてくれたもの。
それは音楽とリズムでした。

あそビートには、年齢別にあわせたプログラムを準備しています。
その一番最初のプログラムが「あそビート・バンビーノ」

簡単な手遊びだったり、家の中にあるものを使ったり、誰もが手軽に室内でも楽みながら、お母さんも赤ちゃんも、お互い楽しい気持ちでコミュニケーションを取るヒントとなる・・・そんなプログラムです。

同時に、かつて息子と2人、家の中で「どうやってこの子と今日1日過ごしたらいいのか・・・」と途方にくれていた過去の私にむけたプログラムでもあるのです。

 

*あそビートのサイトへ戻る